ガンダム あれこれ TOP  >  武器・兵器 関連 >  ガンダムのビームライフルってしょっちゅう弾切れするじゃん
★pickup★
 

ガンダムのビームライフルってしょっちゅう弾切れするじゃん

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: 名無しのニュータイプ
コアファイターの先っちょのバルカンを手持ち式にすればいいのに

あれこれ まとめ



2: 名無しのニュータイプ
戦争なんてやめればいいのに



3: 名無しのニュータイプ
エネルギー供給は本体のジェネレーターからなので正確にはエネルギー切れじゃなくてE-CUPの消耗



4: 名無しのニュータイプ
>>3
ジェネレータ直結ってVSBR以降の奴じゃないの?
カミーユもよくカートリッジ交換してたし



11: 名無しのニュータイプ
>>4
カートリッジ式が主流になったのΖあたりからだろ



13: 名無しのニュータイプ
>>4
91まで行かなくてもガザCとかZZがジェネレーターに直結する感じになる



5: 名無しのニュータイプ
エネルギー切れしないとチャンバラできないだろ



6: 名無しのニュータイプ
あれって何を交換してるんだ?エヴァの荷電粒子砲みたいにヒューズ交換なの?



7: 名無しのニュータイプ
なんとか粒子で電波が使えないなら
エネルギー兵器だって無力化させられるんじゃね
ていうかまず発電機だって使えなくね



13: 名無しのニュータイプ
>>7
その不思議粒子使って発電機作ってるからよ



8: 名無しのニュータイプ
なんつうかガンダムのビームライフルをボールに搭載してボール量産すれば最強じゃねって思った
ガンダムのビームライフルって戦艦の主砲より強いんでしょ?



10: 名無しのニュータイプ
>>8
当時MSを破壊できる連邦の兵器が戦艦の主砲くらいしか無かったからビビってただけで別にそんなことはない



16: 名無しのニュータイプ
>>10
ウモンじいさんとかボールでザク落としてるし戦艦の主砲でしかザク落とせなかったはいいずぎじゃね?



12: 名無しのニュータイプ
Zのちょっと前に新型E-CUPが完成してE-CUPとバッテリーをパッケージングしたEパック式のビームライフルが登場した
このおかげでジェネレーター出力に関わらずビームライフルの使用が可能になったけどMSの大型化や耐ビームコーティング技術が普及したことで結局実弾武器を携行する機体も多かった



18: 名無しのニュータイプ
>>12
2回も書いてるから本気で勘違いしてるんだろうから言っとくけどエネルギーCAPな



14: 名無しのニュータイプ
ガンダム5号機は実弾兵器持ってるぞ



15: 名無しのニュータイプ
ハイザックがビームライフルもたせるとサーベル分のエネルギー使えないからヒートホークみたいな縛りなかったっけ



21: 名無しのニュータイプ
ビームってミノフスキー粒子の塊なんだよな?



【武器・兵器 関連】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ    
最新コメント

ガンダムとジオングスキャンして格ゲーで戦わせてた人達いたよね



乗る奴のよるだろ、ビルダーだとどんな機体でもカッコよければ何でも許させる、宇宙世紀やアナザーだと前任者と比べられて、乗っただけで叩かれる



今さら気にしても…



いいとは思うけど何回も見せられるとちょっとな
ただでさえ使い回しばかりだから



光速批判してるやつは映画見てないんか?
光速(に近い)って言ってたやろ



イグルー2



買わん奴らが∀をマンセーすんなボケェ



敵が未知の武装を装備しているという部下の報告の重大さを理解せず当たらなければどうと言うことはないという楽観視の一言で片付ける・・・
偵察に侵入したサイド7で明らか



シャアとアムロの一大決戦を台無しにしたのがUCだったか?



レイジって松本零士から取ったのか?ロボット下手の反対の?



∀の方が何京倍も駄作だわ老害共が持ち上げてる作品だし



>>20
フェネクスがジャックして操っている訳ではなくて、
ニュータイプのそばにいると例えオールドタイプでもニュータイプのような状態になるんです。



MSに乗せるといっぱいぶっ殺.してくるバケモン
最強や



なら余計に言いがかりでしょ。そう見えるってだけで食って掛かるのは、感情を制御できないゴミだと教えたはずだがな



名前じゃねーよ
ビジュアルが下朝鮮だろ



カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: