ガンダム あれこれ TOP  >  全般 >  ガンダムいろはかるた
★pickup★
 

ガンダムいろはかるた

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: 名無しのニュータイプ
い 行け、アクシズ!忌まわしき記憶と共に

あれこれ まとめ



2: 名無しのニュータイプ
ろ ロンドベルだけにいい思いはさせませんよ



3: 名無しのニュータイプ
は 早く私を殺しにいらっしゃい!?



4: 名無しのニュータイプ
に にんじんいらないよ



6: 名無しのニュータイプ
ほ 坊やだからさ…



7: 名無しのニュータイプ
へ ヘンケン艦長はどこ?



8: 名無しのニュータイプ
と 刻が見える・・・



9: 名無しのニュータイプ
ち 地球からもっとも遠い宇宙都市 サイド3



10: 名無しのニュータイプ
り リーンホースが



11: 名無しのニュータイプ
ぬ νガンダムは伊達じゃない!



12: 名無しのニュータイプ
る ルー・ルカ、Zガンダム行きます



13: 名無しのニュータイプ
を をかしいですよ、カテジナさん!



14: 名無しのニュータイプ
わ 私がいつでも先のことを見据えているのは知っているだろう!



16: 名無しのニュータイプ
か ガトーよ行け! わしの屍を踏み越えて!



17: 名無しのニュータイプ
よ よしなに



18: 名無しのニュータイプ
た 戦いは、やや落ち着いた。諸君らはこの戦争を、対岸の火と見過ごしているのではないか!?



19: 名無しのニュータイプ
れ レコア・ロンドはまともだよ。ただ依存心が強いだけの女なのだ。強がっているから自分を裏切るような結果になる



20: 名無しのニュータイプ
そ そんなこともわからないから、大人って、地球だって平気で消せるんだ



21: 名無しのニュータイプ
つ 月に行く!



22: 名無しのニュータイプ
ね 狙い定める シャアがターゲット



23: 名無しのニュータイプ
な なんとぉー!!



24: 名無しのニュータイプ
ら ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた



25: 名無しのニュータイプ
む ムサイタイプ3隻キャッチ、戦闘体制に入って下さい



26: 名無しのニュータイプ
う 嘘つきロラン!



27: 名無しのニュータイプ
ゐ 行けゼナ、ミネバとともに!



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ    
最新コメント

少なくともseedを推してる土田とかは
本スレに書き込んでる奴等よりはまともな精神してるからおk
マジで種アンチって老け顔チー牛しかいなさそう



※基本この板に書き込んでいる人はチー牛糖質マンなので
害児の戯言と思って結構です。



種の機体デザインは他の作品の焼き直し
→他の作品も所詮初代の焼き直し
クッソ見苦しい言い訳アザス
ダブルオーはまだしもろくにプラモも出てない∀に至っては
単に人間には



体格差どうの言う奴がよくいるが
20mクラスのνガンダムなら15mのv 2に
懐に潜り込まれてしゅんころされるぞ



>>25のやつ間違っててワロタw
レスバ全文見てきてから言えよ笑笑



腕無くなったら、終わり。
足とかで攻撃するやつ強いww。



悟飯のぱくりやんけ
親父が仲間からコロされるのもぱくり



ロランやろ教祖のディアナの言いなりすぎて気持ち悪し



負債って水島精二のことだからなぁwwwwww



劇場版00の8億円って劇場版ハサウェイの22億円よりも下なんだなww
劇場版00は宣伝しまくってたのに8億円で爆死したから失敗だろww
もし両澤千晶さんの劇場版SEEDの興行収



SEEDよりも、SEED DESTINYと続編の劇場版SEEDが好きだし水星の魔女も大好きだよ、だから水星の魔女もSEED DESTINYのように大成功して劇場版水星の魔女までしっかりとやって



ダブルオーは二期がネックなんだよな
ダブルオーの二期で茶葉と、ご都合主義展開がひどくなって駄作だったと言われてるし
劇場版ダブルオーが原因で駄作以下の失敗したシリ



ランエボは悪役顔だし赤いからガンダムっていうよりサザビーのイメージ
宿敵のインプがνガンダムのポジションになるし



当時の人はともかく現代の人から見てもアムロはもちろんララアとかも魅力のないデザインだよ。
声優も今の人と比べると上手いとは思えない



アムロがでるなら見ます



カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: