ガンダム あれこれ TOP  >  ガンダムSEED >  ガンダムSEEDの盗難ガンダムってどうやって壊れたパーツの修理してんの?
★pickup★
 

ガンダムSEEDの盗難ガンダムってどうやって壊れたパーツの修理してんの?

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: 名無しのニュータイプ
補給の当てがないダメージ喰らった盗難MSが次の戦闘では当たり前のように新品な作品は種だけ

あれこれ まとめ



2: 名無しのニュータイプ
自動修復機能も知らんの?



3: 名無しのニュータイプ
毎回メタスとアフロダイAが修理してるんだよ



4: 名無しのニュータイプ
アサルトシュラウドってロマンあるよねー



6: 名無しのニュータイプ
>>4
PS装甲あるのに増加装甲つけるのあほだと思う



5: 名無しのニュータイプ
ダメージ喰らうにつれてどんどんザフト仕様に変更していけばよかったのに
アサルトシュラウドでてきた時はそうなるかと思ったらそんなことなかった...



7: 名無しのニュータイプ
右手の予備も実は強奪してたんだぞ



8: 名無しのニュータイプ
そもそも技術盗む為に取ったものをすぐ戦場に出してるのもどうかと思う



9: 名無しのニュータイプ
>>8
データの吸い出しは済んだってセリフはあったけど
デジタルじゃないパーツ製造にはどうやっても時間がかかるかるはずだよね



10: 名無しのニュータイプ
なんで盗難ガンダムがザフトの戦艦のカタパルトデッキとかの規格に合うの?



11: 名無しのニュータイプ
キラ様は不殺なだけで正義の名のもとザフト輸送機とか襲うのはへーき



12: 名無しのニュータイプ
それに比べてちゃんと壊れたところがつぎはぎになるすばらしいZザク



13: 名無しのニュータイプ
フリーダム触るなとか言ってたけど推進剤の補充はどうしてたんだよ



14: 名無しのニュータイプ
作ってんのオーブのコーディだろ?
基本的に規格は似たようなもんなんじゃねえの?
知らんけど



15: 名無しのニュータイプ
情報くらいは事前に盗んでたんだろ



16: 名無しのニュータイプ
ジンの剣とか対艦刀とかさ、実体剣である意味あるの?
包丁でフライパン切るようなもんじゃない?



【ガンダムSEED】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ    
最新コメント

ガンダムとかゴミ以下だろ戦艦大和を生まれだちの仔猫の猫パンチで撃沈しろと言うのより無理ゲー



ジンワスプ改
ザクファントム
ザクウォーリア
グフイグナイテッド
バビ
ゲイツR
アッシュ(黒、緑)
ドムトルーパー
ドムトルーパーオリジナル仕様
プロヴィデンスザク



ジンワスプ改
ザクファントム
ザクウォーリア
グフイグナイテッド
バビ
ゲイツR
アッシュ(黒、緑)
ドムトルーパー
ドムトルーパーオリジナル仕様
プロヴィデンスザク



ストライクフリーダムガンダム
アカツキガンダム
デストロイガンダム
エグザス
ユークリッド
ガズウート
ジオグーン
グフクラッシャー
NダガーN
ワイルドダガー
105ダガー



ミノフスキー粒子があるから遠隔操作できないよね?でも確か感応波は影響されなかったはず



ターンエーは駄作どころか愚作だろいい加減にしろ



>>15
機体がでかすぎて艦のデッキに積めないから分離式にしたというアホ過ぎる設定ゆえに...



>>15
機体がでかすぎて艦のデッキに積めないから分離式にしたというアホ過ぎる設定ゆえに...



>>15
機体がでかすぎて艦のデッキに積めないから分離式にしたというアホ過ぎる設定ゆえに...



ヘルメットがなければ即死だった



ビーチャとモンドとあと誰だっけ
えぇええっと、そうイーノ
こいつらは惨たらしくチんでよかったでしょ
特に人間の顔していないモンド



キラと決定的に違う点は
誰もアムロに思い入れがないって点
ガンダムの主人公は”ガンダム”であってアムロじゃないんだよ
アムロがどんな扱いされようが、誰も気にとめない



子供の頃、アムロがブッッッサイクだから大嫌いだったけど
普通にガンダムは好きだったな
自分が考えた美少年をパイロットにして脳内補完していたけどな。
子供の頃はガン



逆にパイロット好きだと機体も好きになるよな
G、W、X、OO、エイジ、ビルド皆いいキャラしていて作品、キャラ、機体として好き



メンドクセェオタクの典型だな



カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: