ガンダム あれこれ TOP  >  全般 >  ワイ、ガンダムシリーズ最高の名言を言って笑われる
★pickup★
 

ワイ、ガンダムシリーズ最高の名言を言って笑われる

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: 名無しのニュータイプ
カミーユ「キサマ、人が死んだんだぞ!いっぱい人が死んだんだぞ!」
ヤザン「お前もその仲間に入れてやるってんだよ!」
カミーユ「遊びでやってんじゃないんだよ!」
ヤザン「なんだと!? あ、あ、あれは……」
カミーユ「生命は……生命は力なんだ!
生命は、この宇宙を支えているものなんだ!
それを、それを………!こうも簡単に失っていくのは、それは、それは!
ひどいことなんだよ!!」
ヤザン「こ……こいつはなんだっ……」
カミーユ「何が楽しくて、戦いをやるんだよ!
貴様のようなやつはクズだ! 生きていちゃいけないやつなんだ!!」
ヤザン「あ、あの光……バリアーなのかっ……」
カミーユ「うううううう……ぬううううううううう!!」

このシーンすべてが名言といったら笑われたんやが……

あれこれ まとめ



2: 名無しのニュータイプ
こんな片言の台詞のどこがエエんやって言われたんやが……
ワイがおかしいんか?

他のやつはラウとか逆シャアやった



3: 名無しのニュータイプ
こういう片言の方が熱いやん



4: 名無しのニュータイプ
長い



5: 名無しのニュータイプ
>>4
じゃあ「命は力なんだ!~ひどいことなんだよ!」で



6: 名無しのニュータイプ
BGMねえとな



7: 名無しのニュータイプ
まあこういう勢いで喋ってるようなセリフが好きなのはわかる
ブレンパワードとかな



8: 名無しのニュータイプ
名シーンで良くない?



9: 名無しのニュータイプ
>>8
でもこういう勢いで激昂してるってのがはっきりわかる台詞ってこれが最高やろ



11: 名無しのニュータイプ
>>9
わかるけど長いじゃん



12: 名無しのニュータイプ
言うほど最高か?



13: 名無しのニュータイプ
頭の中では全て分かってて感じるんだけど言葉に出来ないんだよな



15: 名無しのニュータイプ
わかるけど名言ではないな



16: 名無しのニュータイプ
愚かな人です



17: 名無しのニュータイプ
名言って一言のものにたいして言うもんやろ
これはただの名シーン



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ    
最新コメント

少なくともseedを推してる土田とかは
本スレに書き込んでる奴等よりはまともな精神してるからおk
マジで種アンチって老け顔チー牛しかいなさそう



※基本この板に書き込んでいる人はチー牛糖質マンなので
害児の戯言と思って結構です。



種の機体デザインは他の作品の焼き直し
→他の作品も所詮初代の焼き直し
クッソ見苦しい言い訳アザス
ダブルオーはまだしもろくにプラモも出てない∀に至っては
単に人間には



体格差どうの言う奴がよくいるが
20mクラスのνガンダムなら15mのv 2に
懐に潜り込まれてしゅんころされるぞ



>>25のやつ間違っててワロタw
レスバ全文見てきてから言えよ笑笑



腕無くなったら、終わり。
足とかで攻撃するやつ強いww。



悟飯のぱくりやんけ
親父が仲間からコロされるのもぱくり



ロランやろ教祖のディアナの言いなりすぎて気持ち悪し



負債って水島精二のことだからなぁwwwwww



劇場版00の8億円って劇場版ハサウェイの22億円よりも下なんだなww
劇場版00は宣伝しまくってたのに8億円で爆死したから失敗だろww
もし両澤千晶さんの劇場版SEEDの興行収



SEEDよりも、SEED DESTINYと続編の劇場版SEEDが好きだし水星の魔女も大好きだよ、だから水星の魔女もSEED DESTINYのように大成功して劇場版水星の魔女までしっかりとやって



ダブルオーは二期がネックなんだよな
ダブルオーの二期で茶葉と、ご都合主義展開がひどくなって駄作だったと言われてるし
劇場版ダブルオーが原因で駄作以下の失敗したシリ



ランエボは悪役顔だし赤いからガンダムっていうよりサザビーのイメージ
宿敵のインプがνガンダムのポジションになるし



当時の人はともかく現代の人から見てもアムロはもちろんララアとかも魅力のないデザインだよ。
声優も今の人と比べると上手いとは思えない



アムロがでるなら見ます



カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: